衣食住の知恵袋《そしてballet》

衣食住について、歳を重ねながら長年続けてきたり思いがけず発見したことをお伝えします。そして、少しだけballetについても。

そして《ballet》 エトワール! 読書感想文、書いてみます。

今週のお題「読書感想文」

お題でブログを書くのは、4回目になります。

そして《ballet》のカテゴリーで、衣食住についてのこと以外のブログをときどき書いています。

エトワール! 講談社青い鳥文庫から出ている本です。小中学生向きの小説。

なぜ、この本に出会えたのかという話から。2年前くらいに、小学生の姪に、本屋さんの小学生向きの小説のコーナーに、本を買わされるために連れて行かれ…(^_^;)!

そんな場所に足を踏み入れたのは、40年ぶり???

本をぼんやり眺めながら…バレエ用語は、目に飛び込んでくるものですね。エトワール!という背表紙が目に入りました。

エトワールとは…フランス語で、星という意味。

そして、バレエ用語としては、パリオペラ座バレエ団の中での、最高位のダンサーを示す言葉です。バレエ団によっては、プリンシパルといいますが、それと同じ意味になります。

そのタイトルが付いた本の背表紙が目に飛び込んできて、手にとって表紙を見ると、バレエを踊っている女の子のイラスト。裏表紙のあらすじには、バレエ教室に通う女の子のストーリーとのこと。迷いなく!!買ってしまいました。小学生向きなのに…f^_^;)!!

その本屋さんには、1巻しか売っていなくて、その後すぐに近くの本屋さんに、確かそのときは、4巻くらいまで出ていたと思うのですが、取り寄せをして即購入。

本の内容は、大人になってからバレエを習い始めた私にも、身近なことに思えるようなことばかり。主人公の森原めいちゃんが楽しく頑張る様子や、お教室の先生の厳しくも優しく楽しい指導の様子が、今の自分にも重なることもたくさんありました。電車の中で読むと、感情移入し過ぎて、涙腺が崩壊しそうで大変でした。←小学生に感情移入??していました(>_<)!

 

そして、イラストや途中途中にあるバレエの用語解説も楽しくて。

 

主人公、森原めいちゃんの家族や学校の友達も登場します。その場面は、自分の40年前!!を思い出したりしながら…。なつかしく読みました。

 

気に入ると、押し売りならぬ、押し貸しをしてしまうので、大人バレエを一緒に習っているお仲間に読んで読んで!!と貸しています(*^_^*)

現在7巻まで出ていますが、毎巻、バレエの一作品ずつがテーマになっています。読みながら、踊ったことがあるものや、プロの舞台を観たことがあるもの、なつかしく思い出しながら読んでいます。

 

ブログを書くにあたり、青い鳥文庫のサイトも見てみました。子ども向きですが、大人が読んでも楽しめそうです。

そして、エトワール!を読んで、バレエを習うこと、踊ることが、ますます楽しくなりました。  おわり

 

(文末、読書感想文ぽい終わり方になったでしょうか…)

 

※読書感想文…子どもの頃は苦手でした。作文と日記は好きだけど、読書感想文と詩がうまく書けない!という子どもでした。

※朝のブログで、本のことを書き、その後に、たまたま読書感想文というお題を目にしました。いろいろなことは、期せずして、つながることがありますね。

~公式HP~

青い鳥文庫 http://aoitori.kodansha.co.jp/about/

 

〜written by  なりさらり〜   《編集後記:なりさらりブログ》も随時更新中

 

 

☆次また読みたいなと思っていただけたら・・・読者登録お願いします(#^.^#)

↓↓↓

 

ブログランキングに登録してみました♪

↓↓↓

 

☆読んでいただいて、ちょっとおもしろかったかな、なんだか役に立ちそう!ということがあれば、はてなスターつけていただけるとありがたいです♪♪♪

↓↓↓