衣食住の知恵袋《そしてballet》

衣食住について、歳を重ねながら長年続けてきたり思いがけず発見したことをお伝えします。そして、少しだけballetについても。

衣食住の《衣》BEAMS LIGHTS (ビームス ライツ)

洋服のブランド、あまり詳しくなく決めたお店で買うことが多いのですが、BEAMS LIGHTS、前回書いたオンワード組曲同様、気に入っているブランドのひとつです。

BEAMSの中の、いくつかあるレーベルの中のひとつ。コンセプトは、ラグジュアリーカジュアルと書かれていました。タグに、飛行機のイラストが描かれているのが、なんとも素敵で、

旅に出たような、

旅に出たくなるような気持ちになります。

旅を意識したデザインが多いのか、たたんでもシワになりにくかったり、お洗濯しやすいものが多いです。

最初に買ったのはワンピース。その後も夏になると、数着買うということが、5年くらい続いています。

そして、これは、語りたいことのひとつなのですが、丈!! スカート丈の話です。

その年のトレンド、流行りで、短めだったり長めだったり。そして、前に買ったものが、デザインはいいのに、丈が…と、今年は着ることを断念(>_<)!というようなことがよくあります。長くても、短くても、野暮ったく見えたり、年齢以上におばちゃん!に見えたり…スカート丈、ワンピース丈で、こうも印象が違うのね…と、しみじみ思います。

お洋服そのものは変わらないのに、トレンドというものの効果はすごいです。洋服メーカーが意図的に作り出すものということを聞いたことがありますが、そうやって経済活動を活発にしていくのも、また、人間の力、ということなのだなあと。

そしてそして、大事にとっておけば、また5〜10年、20年?したら、着られるんですよね。

それを実証した出来事が昨年の話。

20年近く前に買ったワンピース、すとんとした、くるぶしまである丈の長いデザイン、普段は着られずに、旅行用にと、旅先での宿の中での普段着やお風呂上がりに着ていたのですが、それが、昨年の夏は、普段のお休みの日の外出用に着られそう♪と着て出かけたら、何の違和感もありませんでした。たまにしか着ないので、くたびれた感じもなく、その年に買ったデザインのように思えて。

断捨離もしつつ、気に入ったお洋服は、大事にとっておいても損はないですね(*^_^*)

〜公式HP〜

BEAMS LIGHTS(ビームス ライツ)|BEAMSなりさらり