衣食住の知恵袋《そしてballet》

衣食住について、歳を重ねながら長年続けてきたり思いがけず発見したことをお伝えします。そして、少しだけballetについても。

衣食住の《衣》NEW YORKER(ニューヨーカー)のジャケット

 

NEW YORKERのジャケット、季節の変わり目に、手に持って歩いています(^_^)/ 買ったのは20年以上前。持っていることが多くて、あまり着ないので(^_^;)!長持ちしています。

なぜ、手に持っているかというと…

薄手のコートを着るほどでもなく…でも、急に寒くなったとき羽織るものがあった方がいいなと思う時期。ブログを書いている、今日がまさにそんな日でした。(←朝、ブログ記事をアップしていますが、実は前日、夜に書いていることが多いです♪)そんな日に、持って出かけています。

 

素材は、タグを見ると…

表地

コットン57%

ポリエステル38%

ポリウレタン 5%

裏地

ポリエステル100%

となっています。

伸縮性もあり、シワにもなりづらく、裏地もついているので、保温性もあるというスグレモノ♪

そして、日本製、と書かれていました。たぶん、その頃は、日本製のお洋服も多かったんじゃないかなと…、時代を感じますね。若かりし頃、NEW YORKERのアウトレットで買いました。

 

いわゆるテーラードジャケットという仕様。なので、かちっとしたジャケットではあるのですが、なんとなんと、デニム風、なのです。いわゆるデニムではないのは、ポリエステルが入っているからなのかなと思うのですが。なので、そこまで、カジュアルな感じにはならず…。

そして、色は、濃紺というほどでもないくらいの紺色。でも、いわゆる紺より淡い色です。なので、本当に色もちょうど良く…重たくならない感じで。

普通に、仕事用に使えます。

ワンピースや、ブラウス&スカートに合わせると、まったく違和感なく、きちっとした感じに見えます。

 

そして、長持ちしている理由、あまり着ない(^_^;)!、ということ以外に、もうひとつあるかと…。

 

首回りをよごさない!ということ。

淡い色のジャケットで、襟なし、いわゆるノーカラーのブラウス着ると、ジャケットの首回りが、首に直接触れるので、汗汚れなどで、よごれてきてしまうんです。しばらく着続けていると、クリーニングやお洗濯をしても落ちなくて…ということがあったので。

それを踏まえて、ジャケットを羽織る時は、薄いストールやスカーフを先に巻いてから、ジャケットを着る!ことにしています。そうすると、首回りがよごれません。これが、長持ちの理由かなと(*^_^*)

 

とても気に入っているので、大事にしようと思います。

 

と、いうことで、NEW YORKERとの出会いは、このジャケットでした。なつかしいです♪

ちょっとカジュアルめなジャケット、ひとつあると、かちっとし過ぎず、でも、きちんとした装いができるので、オススメです(^_^)/

 

※ひさびさに、きちんと、衣食住の《衣》らしい内容になりました(^-^)v

衣 というと、wear ……ん?wearの意味を調べてみたら…へー、ということがありました(*^_^*) いいこと見つけた!という感じです。そのあたりもまたいずれ♪

 

〜written by  なりさらり〜   《編集後記:なりさらりブログ》も随時更新中 

  


スポンサーリンク

 

 

☆次また読みたいなと思っていただけたら・・・読者登録お願いします(#^.^#)

↓↓↓

 

☆ブログランキングに登録してみました♪ 

↓↓↓

 

☆ブログ村に登録してみました♪

↓↓↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

☆読んでいただいて、ちょっとおもしろかったかな、なんだか役に立ちそう!ということがあれば、はてなスターつけていただけるとありがたいです♪♪♪

↓↓↓