衣食住の知恵袋《そしてballet》

衣食住について、歳を重ねながら長年続けてきたり思いがけず発見したことをお伝えします。そして、少しだけballetについても。

衣食住の《食》みをつくし料理帖

衣食住の《食》ですが、本の話です。

昨日やっと読み終わりました。全10巻、足かけ3年?かけて読み終わりました。

 

高田郁さん著

みをつくし料理帖 全10巻

(時代小説文庫)ハルキ文庫

 

江戸時代が舞台の小説。心がほんわか、本当にすてきな本でした。

食のことがテーマ、美味しいものがたくさん出てきます。そして、お料理を作ることの大切さ、食べることの大切さを学べる本です。

主人公の澪ちゃん他、登場人物も、個性的でありつつも良い人たちばかり。

 

〜 10巻読むのに、足かけ3年かかった理由 〜

最近は、人から勧められた本を読むことが多いのです。私に本を勧めてくれるのが主に3人

・取引先の経理の女性

・職場のわりとだいぶ年上の男性

・バレエのお友達

この3人の本好きの話はまたいずれ♪ そして、この3人が勧めてくれる本を、1冊読み終わると、また別の本を、読んでいるので、みをつくし料理帖も、長くかかってしまいました。でも、慌てることなくゆっくり読みたい本でした♪

この本は、取引先の経理の女性から勧められて買いました。とても気に入って(気にいると人に勧めたくなるので(^_^;)!)バレエのお友達に、押し売りならぬ押し貸し!をしています。

 

〜 ここにきて、慌てて読み終えた理由 〜

映画化されるようです。以前もNHKと民放それぞれで映像化されています。私は見ていなくて、主人公を誰が演じたのかは、知っているのですが、他は知らなくて。あえて知らないまま読み終わりたい、と思っていたら、映画化、あちこちで宣伝されると、誰が演じるか分かってしまう(>_<)!その前に読み終わらなくては!!と読み終えました。ほっ!

 

〜 映像が先か、本が先か 〜

これは、永遠のテーマですよね。先に映像を見てから、本を読むと、何となく違和感だったり、本を読んだ後に、映像を見ると、これまた、なんだか違和感…と思ったり。でも、映像と本がぴったり!というときもあります。

〜〜〜

何にせよ…読み終わったことですし、本で読んだ登場人物を誰が演じたか、見てみよう!と思っています。

どの俳優さんがどの役を演じるかがわかってから、それを踏まえて読み直すのも、イメージがつきやすくてまた別の読み方になるなあと思っています。本は、さまざまな読み方ができる、良いですね♪

今日は、本の話になりましたが、ぜひ機会があったら、みをつくし料理帖、おすすめです(*^_^*) 心がほんわかします。

〜written by  なりさらり〜   《編集後記:なりさらりブログ》も随時更新中 

  

 

スポンサーリンク

 

 

☆次また読みたいなと思っていただけたら・・・読者登録お願いします(#^.^#)

↓↓↓

 

☆ブログランキングに登録してみました♪ (ここまで読んでいただいて、なんかちょっとおもしろかったかな…と思っていただけたら、クリックしていただけるとありがたいです)

↓↓↓

 

☆ブログ村に登録してみました♪(ここまで読んでいただいて、なんかちょっとおもしろかったかな…と思っていただけたら、クリックしていただけるとありがたいです)

↓↓↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

☆読んでいただいて、ちょっとおもしろかったかな、なんだか役に立ちそう!ということがあれば、はてなスターつけていただけるとありがたいです♪♪♪

↓↓↓