衣食住の知恵袋《そしてballet》

衣食住について、歳を重ねながら長年続けてきたり思いがけず発見したことをお伝えします。そして、少しだけballetについても。最近は、原稿用紙2~3枚程度の文章を毎日書いています。もしよかったら、さらりとお目通しください♪ 目次はこちら ⇒ https://www.nari-sarari.info/index 過去記事も楽しく読めるように日々心がけています。 PCとスマホで表示形式が違うので、どちらもご覧になってみてください。

衣食住の《住》ふるさと納税のススメ その1 (住民税の前払い)【なりさらり知恵袋ブログ】

- お買い物は、こちらで -

amazonスポンサーリンク  - お買い物は、こちらで -

 

♪♪♪ 去年の今日のなりさらり♪♪♪ 2020年7月15日

☆またまた組曲の話を書いていました。そう、サイズのこと、書きました。歳を重ねた今は、ゆったりしたお洋服、着ています(^^;)

 

 

 

ふるさと納税のことを何回か書いています。最近では、10-68のこと。

過去記事はこちら。 ↓↓

 

 

そして、ふるさと納税「やってみたいものの、よくわからなくて…」という話をよく聞きます。

 

私も最初は、そうでした。

しくみもよくわからないし、

ふるさと納税のサイトを見たら見たで、たくさんのサイトがあるし、

サイトの中を見たら見たで、お礼の品がたくさんあって迷うし…。

 でも、始めてみると…

操作や手続きは、ネットショッピングと変わりません! ほんとに?ほんとです(^_^)/

 そして、ブログを読んでくれているバレエのお友達から、

「リクエスト ふるさと納税のコツの回、待ってま〜す。」とのLINE♪

 前回の、バレエのお友達からの[商品モニター]に続き(昨日の記事をご覧ください♪)

今回、別のお友達からは、ブログ記事の、リクエスト(*^_^*) どちらも大歓迎♪

~~ 

はい! もちろん書かせていただきます(^_^)/

と、いうことで

今日は「ふるさと納税のススメ」です。実際にやってみて、いろいろわかったことなどをお伝えしようと思います(^-^)v

 

衣食住のカテゴリーでは、《食》かなとも思ったんですけど(お礼の品には食べ物が多いので)あら?と気付きました。《住》のカテゴリーに、ぴったりでした。

 

それは、ふるさと納税のキーワードが、

 

♪♪♪   住民税の前払い ♪♪♪ 

だからです。

住民税の「住」  →    衣食住の《住》で書くにはぴったり! ということで書いてみます。

〜〜〜

・・・と、前置きが長くなりましたが、本題に入ります。(今日で終わるかな、その1になっちゃうかな…と思いながら…簡単シンプルに!)

〜〜〜

 

【ふるさと納税について】

 

・インターネットのふるさと納税のポータルサイトから申し込みができる(私は、ふるさとチョイスを使っています。)

 

-- ふるさとチョイス 公式サイト --

www.furusato-tax.jp

 

・ふるさと納税とは、日本各地の地方公共団体に寄付をすること。

 

・寄付というと、自分への見返りなしで、お金などを相手に渡すこと、ですよね。ふるさと納税も「寄付」という言葉を使うのですが、実は、先ほど書いたように、「住民税の前払い」という日本語を使った方が、わかりやすいです。

 

・住民税は、今年の収入に対して、来年納めるものですよね。(なので、一発屋芸人さんが、今年大儲けをして、来年収入0になっても、今年の収入に対する多額の住民税を来年払わなくちゃいけない…という話を聞いたことがあります??この、たとえでいいのかしらf^_^;))

 

・今年、ふるさと納税をすると、その分、来年の住民税が減るしくみです。住民税の前払いなので。

 

・ふるさと納税というのは、

来年払うべき住民税を、寄付という形で今年払ってしまう

かつ!

ふるさと納税をしなければ、自分が住んでいるところに全額納める住民税を、ふるさと納税をすることにより、別の市区町村にも住民税を納める

ということなんですよね。

 

端的にいうと、

◇来年納めるべき住民税を、今年と来年に分けて納める!

かつ

◇本来自分が住んでいるところに納める住民税を、自分の住んでいるところと、自分が住んでいないところに分けて納める!

 

この2つの意味で「分ける」ことになります。時間と空間、time  & space  という感じ?

 

・ただし、いくらでも寄付をしていいかというとそうではなく「所得に応じた限度額」というものがあって、その人の年収や家族構成やさまざまな要素によって、ふるさと納税ができる金額が変わります。

 

・ふるさと納税ができる金額…というか、ふるさと納税は、いくらでもしていいんです。ただ、限度額を超えると、「住民税の前払い」以上に、払うことになるので、その部分は、まさに「寄付」となり、見返りなしに、お金を払ったことになります。

 

なので、限度額以内に納めるのが、ちょうど良いのかなというふうに思います。

そして、限度額以内に、ふるさと納税をしたとしても、一人につき、一年につき、2,000円だけは、住民税の前払いではなく、自己負担をする金額ということが決まっています。

 

限度額以内であれば、税金面では、損得はないので、「節税」とは言わないんでしょうね。ただ、「お礼の品」の分だけ、家計がうるおうので、結果、お得です!という話になるのかなと。
「お礼の品」のことは、また次回♪

やはり、今日だけでは終わりませんでしたf^_^;) (タイトルも、その1をつけました)

 

限度額のことは、以下のサイトをご覧になってみてください。

詳細は次回に続きま-す(^_^)/

 

www.furusato-tax.jp

 

(注:この記事では、シンプルに、「住民税の前払い」と書きましたが、確定申告をして納める所得税が減り(所得税の還付)、残りは住民税の前払い、という場合もあるようです。) 

 

楽天より  - お買い物はこちらで -

 

ブログの終わりに、今日もひとつ問いかけを♪

《 ふるさと納税、したことありますか? 》

 

〜written by  なりさらり〜 

 《編集後記:なりさらりブログ》も毎月更新中   

 目次 -contents-》2020年の記事一覧はこちらから 

 

 ↓↓ 気になることはこちらでGoogle検索を ↓↓

 

 
スポンサーリンク

 

 

 

☆次また読みたいなと思っていただけたら・・・読者登録お願いします(#^.^#)

↓↓↓

☆「ブログランキング」と「にほんブログ村」に登録してみました♪ (ここまで読んでいただいて、なんかちょっとおもしろかったかな…と思っていただけたら、以下、ひとつずつクリックしていただけるとありがたいです)

↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 ☆読んでいただいて、ちょっとおもしろかったかな、なんだか役に立ちそう!ということがあれば、はてなスターつけていただけるとありがたいです。ブックマークもつけていただけると・・・(*^_^*)/ Twitterのフォローボタンも追加しました。↓↓↓

楽天スポンサーリンク - お買い物はこちらで -

 

↓↓ 職場でも流行っているおすすめカラーマスクですbyなりさらり ↓↓  - お買い物はこちらで -


 

↑↑ 職場でも流行っているおすすめカラーマスクですbyなりさらり ↑↑